たばこをやめる時に失敗するわけ

たばこをやめる時に失敗するわけ

 

これまでに禁煙に失敗してしまった人も多いと思いますが、やはり、失敗してしまったのには理由があるはずです。
よく言われている禁煙の失敗談について簡単にご紹介していと思います。

 

まず、やはり多いものとして飲み会があります。
アルコールで気が緩んでしまったり、周囲の人がたばこを吸っている場合には、自分もつい1本だけ吸ってしまおう!
なんて思ってしまうものです。
禁煙をスタートしたばかりの時は、飲み会をしないようにしましょう。

 

また、コーヒーと喫茶店にも注意が必要です。
喫茶店、テーブルには灰皿が準備されていて、たばこを買うこともできます。
また、雰囲気がいかにもたばこを吸いたくなるような雰囲気です。
この喫茶店に入ると、ついついたばこを吸ってしまいたくなるものですので、喫茶店の立ち入りにも注意です。

 

そして、絶対にだめなのが喫煙室です
喫煙室に入ると、強烈なたばこの臭いでたばこを吸いたくなってしまうものです。
友人や同僚などに誘われたからといって、気軽に立ち寄ってしまってはいけません。

 

このようにたばこをやめるうえで、立ち入ってしまってはいけない場所というのはいくつもありますので、しっかりと頭に叩き込んでおくようにしましょう。

 

 

害を説明しても喫煙はやめない

 

客観的に見れば、タバコによる害は計り知れません。

 

とは言え適度な量であればすぐに体に悪影響が及ぶということは少ないのでしょうし、タバコのおかげである程度精神的に落ち着く上に切り替えができるということもあるでしょうから、悪いことばかりではないのかもしれません。

 

しかしやはり外から見ると、タバコで集中力が上がるとかストレスが軽減するというのは錯覚に過ぎません。タバコがなくても気持ちの切り替えやリラックスは十分にできるのです。それも無料で。

 

気持ちの切り替え等にタバコが適していることは肯定するにしても、臭いこと、空間が汚れること、お金がかかること、火の始末が心配なことなど、デメリットが多いことは否定しようがありません。

 

タバコを吸わない人から見れば百害あって一利なしの存在です。

 

自然にタバコをやめるように説得するとき、害の方に目を向けたくなるでしょう。

 

説得される方は害については納得できても、タバコは必要なものだという意識が心の底にあるからなかなかやめられません。

 

タバコの害を口うるさく言われれば言われる程、早く話を終わらせて一服したいと思われるのです。

 

それだけ、タバコを控えるということは精神的に苦痛なことですし、タバコは精神の穴を確実に埋めてくれるアイテムだと心の底で思ってしまっているのです。

 

 

禁煙を始めるって

 

喫煙者数のデータはどうか調べたことはないが、年々減っているように思う。
バブル頃なんかは、飲食店に入ると、あちこちのテーブルでタバコを吸っていたが、今ではタバコを吸える飲食店は大分減った。
昔、喫煙していたが、今は禁煙した人たちは、どうやって禁煙に成功したのだろうか。少なくとも、今の私が禁煙にチャレンジしても、成功する見込みは全くない。禁煙に成功した人は、何かしらきっかけがあって始めているはずなのである。どんなきっかけがあったのか聞いてみたいものだ。

 

page top