禁煙外来

保険適用で禁煙治療ができる人

 

条件に合う喫煙者が禁煙外来で禁煙にチャレンジする場合には保険が適応されます。

 

条件にそぐわない喫煙者であれば当然自由診療ということになりますので、それだけ禁煙にかかる費用が高くなります。

 

究極的にお金がかからないのは禁煙外来にも行かず、禁煙補助剤も使わずに禁煙を成功させること。

 

しかし、現実的には自分の意思だけで禁煙を成功させるのは非常に難しく、早めに禁煙外来に行って医師の診断のもと正しい方法で禁煙するのが一番の近道であると言えます。

 

よって費用的にも精神的にも個人にかかる負担が一番少ないのは、禁煙外来で保険適用内の診察・治療を行うこと。

 

では保険適応の対象になるのはどんな人かと言うと

 

・一月以内に禁煙を始めたいと思っている人
・ニコチン依存症テストで5点以上
・一日あたりの喫煙本数×喫煙年数が200以上であること(ブリンクマン指数)
・禁煙治療を始めることを文書で同意していること

 

という条件に当てはまる人が保険適応の上禁煙治療を受けられる人です。

 

他にも、前回の禁煙治療の初回日から1年以上経過していなければ二度目以降の禁煙外来の診療は保険適用となりません。

 

また、保険が適用される期間というのも決まっていて、12週目(3か月)以降の診療はすべて自費診療となるので注意が必要です。

 

保険が適用される場合、チャンピックスで12週の治療を行ったときにかかる費用は19,000円程度です。

 

一方、保険が適用されずすべて自費で治療を行う場合、およそ63,000円の費用が掛かってしまいますから、保険が適用されるかどうかは禁煙治療を行う気になるかどうかの大きな分かれ目になるのではないでしょうか。

 

禁煙方法は何通りかあります

 

禁煙する方法は何も禁煙外来に行くだけという訳ではありません。

 

ご存じの通り自力で簡単に禁煙できてしまう人もいますし、禁煙外来にかかっていても容易には禁煙成功できない人もいます。

 

難易度で言えば一番易しいのが禁煙外来で医師のアドバイスを受けながら禁煙補助剤を使って禁煙すること。

 

一番難しいのが自力で、意思のみで禁煙をすること。

 

易しい方法だとお金がかかりますが、難しい方法だと無料でできます。

 

その選択は個人の自由ですから、自分にできそうな方法を探し続けるというのも大事なことです。

 

折衷案としては、自分の意思で禁煙補助剤を使って禁煙にチャレンジすることです。

 

この場合は通販を利用するのが一般的でしょう。

 

中には禁煙は本気でしたいけれども禁煙外来を探すのが面倒だし、あったとしても近くにはなく通院が不便という方もいます。

 

また、逆に管理されるとなると禁煙をする気がしなくなるという方もいるでしょう。

 

だけど今まで何回も禁煙には失敗しているし、今度こそ本気でと思うけれどどうすれば良いか分からない。

 

そういう方は個人的にネット通販でチャンピックスやニコチンパッチなどの禁煙補助剤を購入して禁煙にチャレンジしてみると良いでしょう。

 

特にチャンピックスは禁煙効果が高いとされていますので、試してみると良いと思います。

 

チャンピックス使用の際に気を付けること

 

チャンピックスは禁煙外来でも処方される禁煙補助剤ですが、脳に直接作用してニコチンによる快楽物質を発生させなくする、ニコチンパッチやニコチンガムとは少し性質のことあるお薬です。

 

頭痛は吐き気などの副作用が出ることがあると言いますが、それ以上に精神に影響する副作用が表れることがあるという点に注意が必要です。

 

具体的には、抑うつや精神疾患の悪化、不眠、悪夢を見るなど、少し怖い症状がチャンピックスの副作用として知られています。また、チャンピックスを飲んだあとは意識が朦朧とする方がいますので、車の運転などはしないようにする必要があります。

 

もし、以上のような症状が強く表れ、日常生活に支障を来すようでしたら、無理はせず服用を中止し、別の方法で禁煙をしてください。

 

このような症状が出るとき、医師に相談できないというのが個人的にチャンピックスを通販する際のデメリットです。

 

タバコをやめるという強い意思に加え、自己管理を疎かにしないという難しさがあります。

 

だからこそ、個人でチャンピックスを通販するというのは禁煙を始めやすくて良いのですが、禁煙達成の難易度は病院に行くほどではありません。

 

ベストは禁煙外来で保険の適用される範囲の禁煙治療を行うことでしょう。

 

保険適用されなかったとき

 

保険適用されなかった場合、病院での禁煙にかかる費用は雲泥の差と言っても過言ではありません。

 

ブリンクマン指数は一日の喫煙本数×喫煙年数が200以上という単純な計算ですから、とりあえずその計算をするだけでも自分が保険適用されるのかどうかの目安にはなります。

 

どうせ保険適用されないし、病院に行く気がなくなった、禁煙する気なくなった。むしろあと3年待ってから禁煙した方が得じゃないかなどなど、禁煙の志が低い人にとっては保険適用されないという事実も禁煙を諦める口実となってしまうことがあります。

 

確かに保険が適用されなければ禁煙の費用は高くなります。

 

しかし逆に考えれば、まだ保険を利用する程の喫煙者ではない、今からであれば十分自分の意思で禁煙できるし、健康に及ぼす害も少ない状態だと納得することもできるのです。

 

自分が保険適用するかどうかは単純に禁煙にかかる費用の差に目が行ってしまいますが、医学的にはあなたにとって禁煙が「治療」に当たるか、「健康の管理」になるかという大きな違いがあるとも言えるのではないでしょうか。

 

つまり、本来であれば保険が適用になる程の喫煙者だと診断されればショックを受けてしかるべきなのです。

 

保険適用される歳になるまでこのまま吸い続けようと考えるのは、費用の面ではもちろんですが、健康の面で言えば愚かと言わざるを得ない考え方です。

 

乱暴な言い方になってしまいましたが、実際に保険が適用される場合とされない場合のかかる費用の差を考えれば、そのような考え方になってしまう気持ちも分かるのであえて強い言い方をさせてもらいました。

 

 

禁煙はやる気が出たらすぐに!

 

単純にたばこを吸い続ければ仮に禁煙の費用が60,000万円かかるとしても一年のたばこ代よりはずっと安いでしょう。

 

たばこが健康に良くないことも分かり切っているはずです。

 

しかしそんな単純なことに目をつぶり、それでもなお吸い続けようと思ってしまうところがタバコの依存の怖いところですし、それだけ禁煙は難しいことなのです。

 

だから禁煙にチャレンジするのであれば、一度保険が適用されるかどうかは考えずにお医者さんと相談してみてはいかがでしょうか。

 

使用するお薬も相談できますし、何より病院に行くことでもっとやる気になるかもしれません。

 

当然早くに禁煙が成功すれば、それだけ費用も安く済みます。禁煙が出来れば目的は達成なのですから、利用できるものは利用しましょう。病院も利用できるものの一つです。

 

お医者さんに相談し、チャンピックスが体に合うようだと分かってから後は通販を利用するという選択肢もあります。

 

とにかく、禁煙は思い立ったが吉日!

 

費用がもったいないと言えばタバコを吸っているお金の方がよっぽどもったいないのですから、保険は効いたらラッキーくらいでまずはチャレンジを始めることが重要だと思います。

 

 

 

page top