禁煙を成功させる方法

タバコをやめるための説得力

 

自分の中のタバコを吸いたい気持ちが相手でも良いし、身近な喫煙者が相手でも良いです。

 

タバコを止めるように説得するにはどうすれば良いでしょうか?

 

今まで何度も何度も禁煙しようと思ってきた。
何回もタバコを止めてと言ったし、その場ではやめると言うけど一向にやめない。

 

所詮禁煙なんて無理なんだ、言っても無駄なんだ。

 

そんな風に思わせる喫煙者を禁煙へと導くことは可能でしょうか?

 

ここでは、禁煙したいと思っている人、禁煙して欲しいと思っている人にタバコを止めるための「説得力」を差し上げます。

 

この文章を読んで「説得力」があると思ったら、たばこを吸う理由はもうありません。

 

実際これ以降は、「タバコは必要ない」というお話をしたいと思っています。問題はあなたがそれに納得できるかどうかです。

 

納得できたら次は「実行する努力」をしてください。
具体的には、実際にやめる努力、もしくは自分を、身近な喫煙者を説得する努力です。

 

大丈夫です。「実行する努力」も簡単に思えるようになります。

 

「実行する努力」と聞いて自信がない禁煙希望の方へ

 

実行する努力と聞くと、禁煙にはやっぱり努力が必要なんだ、たばこをやめるのは簡単じゃないんだ、とがっかりした気持ちになると思います。

 

禁煙したいと思っている人は、簡単に、苦痛なくタバコをやめられる方法を探してこのような文章に辿り着いたに違いないのですからごもっともなことです。

 

しかし、そんなあなたにとって「実行する努力」はそれほど難しいことではありません。

 

ここではタバコを吸いたい気持ちを砕き、禁煙したい気持ちを応援するための「説得力」を差し上げることを目標としています。

 

説得のもっとも肝心なことはどんなことかご存じでしょうか。

 

それは説得する内容を自分の頭で考えるように仕向け、まるで自分で辿り着いた答えかのように思わせることです。

 

つまり、タバコを止めたい、止めさせたいと思ったら、喫煙者本人に「タバコをやめることがゴールだ」と思わせなけばなりません。

 

しかし、このサイトに辿り着いた喫煙者の方はもれなく、例えちょびっとだったとしても「タバコやめたいな」、「やめなきゃ」と思っている人なのです。

 

つまり、このサイトを訪れた瞬間から「説得」の一番大事なところはクリアしている。

 

自分ではなく、身近な人にタバコを止めさせたいと思っている人は、本人もタバコを止めた方が良いと思っているかどうかに注目してください。

 

タバコのデメリットは分かってるし、やめた方が良いのも分かってる、でも止めない。

 

吸わない人からしてみれば「なんで!?」と思うことですし禁煙と言っても口ばっかりでイライラすると思いますが、「タバコ吸えないなら死んだ方がマシ」と言わないなら説得の余地があります。

 

一緒にがんばりましょう。

 

コツコツやるのは難しい、だけどタバコはやめない謎

 

多くの方は何にせよコツコツやるのが苦手だと思います。

 

毎日20分のランニングと軽い筋肉トレーニングをしようと決めても、なかなか続きません。

 

今日から英語の勉強をしよう、毎日20単語ずつ覚えるんだ。続きません。

 

毎日朝・晩と健康維持のためサプリメントを飲むぞ。そのうち絶対に忘れるし、ボトルの中がなくなったらやめる可能性大です。

 

ではタバコはなぜ続けられるのですか?

 

依存性があるから?

 

しかし、タバコの依存性ってそんなに強いものなのでしょうか?どれだけ頑張ってもやる気になっても、人は努力というものがなかなか続けられません。どんなに簡単なことでも、習慣とするのは難しいのです。

 

タバコにはそれに打ち勝つだけの依存性がある?

 

それは本当なのかと疑ってみましょう。

 

タバコの依存は本物か

 

タバコに含まれるニコチンには依存性があると言われています。

 

タバコを吸うとニコチン受容体というものが脳にできあがります。

 

ニコチン受容体にニコチンが結合すると、快楽物質である「ドーパミン」が放出され、気持ちよく感じます。

 

このドーパミンが気持ち良いからニコチンに依存するのか、と言うと少し違うのです。

 

この快楽物質は日常で普通に分泌されているものですから。

 

美味しい食事をしたり、やりがいのある仕事をクリアしたり、好きな異性といると自然に出てきます。それこそ目標を立て、課題をクリアするお勉強の後にも出ることがあるでしょう。マラソンの後の達成感もドーパミンの影響があるでしょう。

 

しかしニコチンによる強制的なドーパミンの放出を続けることで、本来の分泌機能が低下してしまうのです。

 

つまり快楽のきっかけのほとんどをニコチンに譲ることになるのです。

 

非喫煙者は普通に得られる快感を、喫煙者はニコチンなしでは得られなくなる。

 

まるで本来得るはずだった快楽物質の補填をするかのように、食後や仕事後になると喫煙者はタバコを吸います。

 

食後のタバコはうまいとか、仕事のストレスにタバコが必要とか、あまり合理的ではない理由をつけて。

 

こう見ると、なんだか依存とは違うような気がしませんか?

 

何となく、ただ単に脳みその機能が落ちているだけに見えませんか?

 

ニコチン切れに耐えられないのではなく、空白に耐えられないのだ

 

ニコチンには依存性があると言いますが、それくらい依存するのかというのには個人差があるようです。

 

大した量を吸っている訳ではないのに何回やっても禁煙に成功しない人もいれば、長く吸っていたけど何らかのきっかけでスパっと止められる人もいる。

 

ニコチンの依存性は一定ではないのですね。

 

だからいっそ、ニコチンには依存性があるから意思の力ではどうしようもないんだという言い訳はとりあえず完全に封印しましょう。

 

意思の力ではどうしようもないと言ってしまえば、意思一つで止められた人たちはどうなるのだという話になってしまいます。

 

依存という強烈な言葉を口実にして、タバコを吸いたくなる自分を許そうとするのは止めましょう。

 

依存に勝てとは言いませんが、依存に負けるなとは言いたいところです。

 

さて、しかし喫煙者はタバコないと耐えられないという状態によく陥ると思います。それはニコチンが切れるのが耐えられないのでしょうか?

 

いいえ、ニコチンの依存は封印したばかりです。

 

端的に言えば、人は空白に耐えられないのです。

 

空白とは何か。それは日常あらゆる場面で生まれるものです。

 

会話の途中での空白、思考の空白、動作と動作の間の空白などなど。

 

喫煙者は隙を見つけてはタバコを吸おうとします。それは空白に耐えられないからです。

 

私たちが苦手な空白とは

 

例えば友達と会話をしていても、必ず話題が切れる瞬間があります。

 

気の置けない仲間だとしても、その一瞬の空白の時間には人は必ず何か考えます。次の話題や、次に行く場所のこと、もしくはその場で会話を反芻しているかもしれません。考えないという人は手遊びや落書きをするのではないですか?鼻歌を歌ったりしませんか?

 

いずれにせよ、全くの無ということはないでしょう。

 

また、一人で考え事をしているときはどうでしょうか。ずっと一つのことについてフルに考えられる人はあまりいません。

 

仕事に新しいアイデアが必要でうんうんとうなりながら考えていても一度に集中できるのはせいぜい1時間かそこらでしょう。必ず思考の切れ目が存在します。頭を使う仕事ではなく、手作業だとしてもそれは同じでしょう。

 

集中力が切れたとき、放心するということはあまりありません。

 

仕事について考えることができなくなったとき、作業に疲れたとき、人はその空白を使って別のことを考えたりしたりします。

 

好きな人のことを考えたり、ご飯のことを考えたりするでしょう。手作業が止まっても息抜きに聞く音楽を探したりはするでしょう。近くにある漫画や小説を開くかもしれません。

 

人は思っている以上に空白が苦手です。

 

ほぼ無意識のうちに埋めようとする空白は、手軽で頭や心に負担のかからないものが望ましいです。

 

できれば極力頭を使わなくて済む手段を選ぶはずです。

 

誰かと会話をしている場合でしたら、沈黙の気まずさという空白によって生まれた精神的な苦痛をごまかすために別の話題を考えたり手遊びを始めたりします。

 

いずれにせよ人は空白が苦手で、ふいに訪れた空白を埋めるためには手軽さと気安さが必要なのです。

 

タバコはかっこうの穴埋めになる

 

空白が生じたとき、人はできるだけ自分にとって負担の少ない方法でその穴を埋めようとします。

 

音楽を聞いたり、手遊びをしたり、もしかしたら眠る人もいるかもしれません。

 

ところが喫煙者にとって、もっとも合理的な方法は何よりタバコを吸うことなのです。

 

タバコを吸うことによる害はある程度知られていることだと思いますが、よく言われる害の一つに脳の血流低下というものがあります。

 

脳への血流が低下するということは、それだけ脳が働かなくなるということ。

 

これは出来るだけ自分に負担のかからない方法で空白を埋めたい私たちにとってはとても都合の良いものです。

 

難しいことや気づまりなことは考えたくない状況で強制的に考える力がなくなり、なおかつタバコを吸うという動作も含みます。それにタバコを吸うという行為は他の人にとっても不自然なものではない。

 

加えて、タバコを一本吸うという短いタイムリミットも強制的に与えられるので、切り替えに使うにはとても効率的でしょう。

 

あとこれは錯覚なのですが、タバコのせいで落ちてしまって脳への血流が戻るとき、スッキリした感覚を得ることができ、リラックスができたと感じることが多いです。

 

以上のことから、タバコはふいに生じた空白を埋める上では万能のアイテムと言っても良いでしょうし、仕事中に限らず日常において必須のアイテムだと思っても仕方ないところだと思います。

 

 

害を説明しても喫煙はやめない

 

客観的に見れば、タバコによる害は計り知れません。

 

とは言え適度な量であればすぐに体に悪影響が及ぶということは少ないのでしょうし、タバコのおかげである程度精神的に落ち着く上に切り替えができるということもあるでしょうから、悪いことばかりではないのかもしれません。

 

しかしやはり外から見ると、タバコで集中力が上がるとかストレスが軽減するというのは錯覚に過ぎません。タバコがなくても気持ちの切り替えやリラックスは十分にできるのです。それも無料で。

 

気持ちの切り替え等にタバコが適していることは肯定するにしても、臭いこと、空間が汚れること、お金がかかること、火の始末が心配なことなど、デメリットが多いことは否定しようがありません。

 

タバコを吸わない人から見れば百害あって一利なしの存在です。

 

自然にタバコをやめるように説得するとき、害の方に目を向けたくなるでしょう。

 

説得される方は害については納得できても、タバコは必要なものだという意識が心の底にあるからなかなかやめられません。

 

タバコの害を口うるさく言われれば言われる程、早く話を終わらせて一服したいと思われるのです。

 

それだけ、タバコを控えるということは精神的に苦痛なことですし、タバコは精神の穴を確実に埋めてくれるアイテムだと心の底で思ってしまっているのです。

 

タバコを吸うのはほぼ無意識

 

タバコを止める意思があるのであれば、説得の半分は既に終わっています。

 

その後のアプローチをどうするのかと言えば、タバコの害を説明し、タバコを止めるメリットを説くのではなく、タバコに興味がなくなることをゴールに向かう手段とした方が良いでしょう。

 

合理的に考えれば、タバコには百害あって一利なし、なのだから、止めるのが当然だと思うかもしれません。

 

しかしさらに合理的に考えれば、百害あっても吸う理由があるのだと考えることもできます。

 

その理由は依存性があるからでもストレスが解消できるからでもありません。それはタバコを吸うただの口実と言って良いほど些細な影響であって、その効果には個人差があります。

 

人はただ、空白に耐えられないのです。話しでも思考でも動作でも何でも、継続していたものが切れる瞬間、人は何かしなければ気がすみません。しかもそれは自分に負担のかからないものである必要があります。

 

喫煙者はその空白をタバコの煙で埋めることしか考えられません。だからタバコは必要だと思いこむのです。

 

無意識に空白を埋めようと視線を泳がせ話題を探したり、手遊びをしたり音楽を聞いたりすることを否定できる人はなかなかいないでしょう。

 

喫煙者にとって、タバコを吸うことはこれらと同じように無意識の範疇の行動なのです。

 

禁煙するぞと意気込むと禁煙が難しい訳

 

禁煙を成功さえるためにあらゆる工夫をする人がいると思います。

 

禁煙するぞと意気込んで人に宣言したり、成功日数を数えて、手近な目標を立て達成できたら自分にご褒美をプレゼントしたり、タバコとライターを捨てたり。

 

どれも有効な手段だと思いますが、空白を埋められない限り禁煙は成功しません。

 

禁煙しているということも継続中の動作なのです。

 

つまりもう何日吸ってないぞとか、今日は全然タバコ吸いたいと思わなかったぞとか考えるのは禁煙という動作中の息抜き時間であり、つまり空白です。

 

禁煙というタスクが自ら空白を生んでしまっているので、むしろハードルが上がっている。仕事を一つ増やすようなものです。

 

だから強い意思を持って禁煙をするのはむしろ自虐的な行為なのではないでしょうか。

 

意気込まなくて良い、必要ないと言いましょう

 

空白の時間が生まれたとき、タバコのことしか考えられない時間というのは意外に短いものです。

 

ニコチンは3日で抜けるとか、長くても2~3週間だと言われています。最大に依存状態にあってもその程度。

 

つまり長く見積もっても1か月だけタバコから離れれば、多少なりとも存在するであろう依存からは解放され、あとは本当に純粋に意思の力で禁煙を成功させることができるのです。

 

いやもっと長い間辛いぞという方は、禁煙6か月成功とか一年吸っていないとかって数えていたのではないですか?

 

つまり禁煙というタスクを継続していたからこそ、タバコが恋しい時間が長かったのでは?

 

このサイトをご覧になっている方は、少なくとも「禁煙できたら良いな」程度には考えているのだと思います。

 

つまりゴールは「禁煙」という設定になっている。

 

それではその手段はと言うと、「タバコは百害あって一利なしだからやめる」というタバコを敵に回すやり方ではなく、タバコは「必要がない」という、言わば無関心に持って行くことではないでしょうか。

 

その手段は簡単です。

 

「必要ない」と実際に口に出して言うことです。

 

パートナーがいるのであれば、はじめはしつこいくらいに「タバコ吸う?」と聞いてもらいましょう。

 

あなたはすかさず「必要ない」と答えます。考える前に、反射的に答えましょう。

 

実際に口に出すってよく言われるけど出来そうにないという方

 

叶えたいことがあれば実際に口にだしましょうというのは禁煙に限らずあらゆる自己実現の場面で言われることです。

 

同じくなりたい自分を強く具体的にイメージするとか、紙に書くという手段も良く言われるでしょう。

 

禁煙においてはこれらの方法が実に有効です。

 

なぜなら、タバコが必要だという意識がまず思い込みだから。

 

タバコなしで何の問題もなく生活している人がいますし、その気になればすぐにタバコを止められる人もいるのですから、これは自明のことです。

 

思い込みには思い込みで対抗ということで、考えるより先に口に出して脳に対して「タバコは必要ない」という既成事実を作ってしまうのです。

 

口に出して言ったことと違う行動をするのは大変不愉快なものです。「食欲ないなあ」と言いながらご飯を食べてみてください。

 

頭で考えたことより、口に出して耳に入れた情報や、書いて文字にして見た情報の方がより深く脳に刻み込まれます。

 

それらを裏切るのは大変気持ちの悪いものなのです。

 

それが分かっているから、禁煙に際して禁煙宣言をしたりするのではないですか?

 

タバコはいるか?と聞かれたら、必要ないと答えましょう。

 

意思を表明することではなく、口に出すことが目的ですから、迷わず言いましょう。

 

その習慣を一週間繰り返せたら禁煙はクリアしたも同然です。その頃には本当にタバコの必要性を考えられなくなっているでしょう。

 

禁煙補助剤の使用もアリ

 

禁煙は最初が肝心です。

 

それもタバコを敵に回すのではなく、もう吸わないと意気込むのではなく、無関心を目指して必要ないと言うことが大事です。「興味ない」と言っても良いでしょう。

 

それ自体はできるかもしれないけど、実際にはどうかなあ、難しそうだなあと言う方は、禁煙補助剤を使うのも一つの手です。

 

実際、タバコを急にやめると禁断症状が酷くて日常生活がままならないという方もいるそうです。それすら口実であり思い込みである線は否めませんが、毒素を抜くのにはある程度の苦痛が伴うものだと言えば納得もできます。

 

実際にすぐタバコを手放すことや禁断症状が激しいという方は、禁煙補助剤を使ってみましょう。

 

種類はいくつかあって、少量のニコチンを摂取できるニコチンパッチやニコチンガムのようなものを使っても良いですし、禁煙パイプというものもあります。

 

禁煙効果が高いと言われているのは、チャンピックスというお薬です。

 

これは有効成分がニコチン受容体にニコチンより早く結合することで、タバコを吸っても美味しく感じさせなくするお薬です。

 

禁煙外来に行くのも良いですが、初めのきっかけだけ禁煙補助剤を使いたいという方は通販を利用しても良いでしょう。

 

お薬ですから使用上の注意や副作用についてはよく確認した上で使用して欲しいのですが、特にチャンピックスは口で言うだけの自己暗示に留まらず、実際にタバコが美味しく感じられなくなるというのですから、ここでご紹介した方法には有効だと思います。

 

最後に

 

いかがでしょうか。

 

禁煙をする気になっている人で、ここまで読んでくれた方には、ある程度説得力のある禁煙方法だったということなのではないでしょうか。

 

やることは簡単です。タバコを一月だけ遠ざけ、ことあるごとに「タバコは必要ない」と言いましょう。誰かに「タバコは必要か?」と聞かれるのが良いですが、一人の場合は髪に書きましょう。

 

タバコを止めるという強い意思を持つ必要はなく、ただそれだけをこなせば良いのです。

 

そのタスクを終えたときの空白が楽しみです。心配な方はそれこそ一月経ったらこれをしようというご褒美的な何かを用意しておくと良いでしょう。

 

本人ではなく、身近な誰かを説得したいという方は、この文章のようなことをくどくどと説明する必要はありません。

 

「禁煙しなきゃな」という意識が芽生えたら、じゃあ禁煙をしましょうとタバコとライターを取り上げましょう。急ぐ必要はありません。一週間後からなどとリミットを決めても大丈夫。

 

やることは食後や出勤前、帰宅時、寝る前などことあるごとに「たばこいる?」と聞くだけです。そして「いらない、必要ない、興味ない」と答えてもらう。

 

しつこく聞けば聞くほど効果があります。三日でたばこを持って質問してくるあなたが嫌になるでしょう。

 

この方法は化学に基づくものではありません。そういう意味では説得力なんて皆無です。
しかし大筋は納得できたのではないでしょうか。

 

何よりお金はかかりませんし苦痛も少ない方法です。

 

禁煙がしたいけど難しいという方は試してみてはいかがでしょうか。

page top