チャンピックスの仕組み

【禁煙】我慢しているうちはやめられない!我慢せず自然に禁煙できるチャンピックスの仕組み

 

タバコは、我慢しようと思っているうちは絶対にやめられません。

 

考えても見て欲しいのです。

 

普段タバコを吸わない人は、タバコを我慢したことなんてありません。

 

禁煙に成功するということは日常からタバコの存在を切り離し、タバコについて考えることがなくなるということなのです。

 

チャンピックスという禁煙補助剤があるのですが、チャンピックスの何がすごいって、自然にタバコをやめられるようになるということ。

 

自然に吸いたくなくなって、いつのまにかやめられている。我慢するのではなくて、ニコチンの依存を払いのけ、普段タバコを吸わない人と同じように、タバコという選択肢を消去することができるのです。

 

非喫煙者にニコチン依存は通じません

 

タバコが日常からなくなるなんて考えただけでも寂しい、味気ない人生になるだろうという方は、チャンピックスは使わない方が良いかもしれません。

 

それでも家計を圧迫しているし、健康的にも良くないし、せめて本数を減らしたいと思っているという方は従来のニコチンを少量摂取するタイプの禁煙補助剤を試してみるか、強靭な意思で少しずつ減らしていきましょう。

 

タバコは出来ればやめたいけど、タバコを手放すのは少し心細い、タバコを吸うとリラックスできるし、イライラも治まるし、まともに仕事をこなす上ではなくてはならないものだ。

 

そう考えるのであれば、イライラしやすい性質やプレッシャーのかかりやすい環境の方をなんとかした方が良いかもしれません。

 

簡単に言うようですが、非喫煙者からしてみればタバコがないと落ち着かないとかストレスが溜まるというのはニコチン依存に他なりませんし言い訳にはなりません。

 

タバコがないと仕事なんてやってられないというのはニコチン中毒からくる思い込みか、精神のコントロールが未熟か、もしくは異常な環境で働いている場合かだと思うでしょう。

 

少なくとも非喫煙者からしてみれば、喫煙者の言い分はそのまま納得できるものではないということです。

 

チャンピックスの仕組み

 

チャンピックスは自然にタバコを吸う気がなくなります。

 

その段階になって、「タバコがないなんてつまらない」なんてことも考えなくなるでしょう。

 

ではチャンピックスにはどうしてそのような力があるのでしょうか。

 

自然に吸いたくなくなる、中毒を解くとなるとどんな強いお薬なのかと多少怖くなるかもしれません。

 

無理矢理人の脳みそに作用して、精神をコントロールされてしまう恐ろしい薬なのではないか。

 

確かにチャンピックスはその通りの作用を引き起こしますが、同じ仕組みで恐ろしいのはむしろニコチン中毒を引き起こすタバコの方です。

 

チャンピックスはニコチンの受容体をいち早くふさぐことで、ニコチンの欠乏による離脱症状(いらいらなど)を軽減させるお薬です。

 

 

そもそもタバコがなぜおいしく感じるかと言うと、脳内のニコチン受容体にニコチンが結合することにより快楽物質であるドーパミンが放出されるからです。

 

タバコそのものの味ではなくて、ドーパミンによる快楽がタバコを手放しがたくさせているのです。

 

そして中毒と呼ばれるのは、ドーパミンによる快楽が欲しくなるというよりも、ニコチンが切れ快楽物質が放出されない状況に耐えられなくなる状態のことです。

 

その証拠に、タバコはいつもいつでも最大のおいしさを与えてくれる訳ではないでしょう。

 

タバコを我慢した後とか、ストレスが溜まったときとか、疲労がたまったとき、食後頭に血が回らなくなったときに特に吸いたくなり、特に美味しく感じると思います。

 

誰でもストレスのかかることや疲労がたまったときはイライラします。しかし誰もがタバコを吸いたくなる訳ではないということは、本来タバコがないとどうしようもないイライラなんてそうそうないということです。

 

つまり、タバコはイライラを解消するために必要なのではなくて、少しのイライラをきっかけに中毒症状が増長されることで、イライラに耐えられなくするものなのです。

 

チャンピックスはニコチンを使わない!

 

チャンピックスはニコチン受容体をニコチンより早く塞ぎニコチンの行き場をなくします。

 

ニコチンが供給されるときの快楽がなくなりますから、タバコを吸っても美味しいと感じなくなります。

 

なぜタバコをやめられないのかというと、やはり吸うと気持ちが良いからです。

 

それが中毒というものですが、ニコチンなくして正常な状態を保てないということ。

 

従来の禁煙補助剤でしたら、少量のニコチンを皮膚から摂取することで中毒症状を抑え、タバコを吸いたい!という衝動を軽減させることで禁煙を促しました。

 

ところが中毒を抑えるためにニコチンを使用している以上、本当の意味で中毒を克服するのは難しい。

 

タバコを無暗に吸う習慣を変えたり、我慢の手助けをしたりにはなるでしょうが、ニコチンを欲しているという状況に変わりはないのです。

 

チャンピックスはニコチンではなく、バレニクリン酒石塩酸という有効成分でニコチン受容体を塞ぎ、少量のドーパミンを放出しますから、ニコチンがなくてもイライラが治まり、なおかつニコチンを必要としないという状況を作ることができます。

 

ニコチンを必要としない状態になるから、タバコがだんだんいらなくなり、ついにはいつの間にかタバコのことを考えなくなり、自然に禁煙できているという訳です。

 

チャンピックス使用上の注意

 

チャンピックスは禁煙外来でも処方されるお薬ですが、通販で個人的に購入することもできます。

 

しかし個人的に購入する場合は、副作用が比較的強いお薬のようですから注意が必要です。

 

頭痛や吐き気、不眠、便秘などが代表的なチャンピックスの副作用ですが、お薬の性質上、精神的な影響も強く表れる人がいると言います。

 

抑うつや精神疾患を患っている方は悪化するおそれがあるのでチャンピックスは使わない方が良いですし、眠気や意識が朦朧とするなどの症状が表れることもあるので服用後の運転等は控えましょう。

 

頭痛や吐き気はともかく、精神的な変化や意識に影響が出ることは命に関わる危険性もあります。実際にチャンピックスの服用が原因で自殺や死亡事故が起きているという報告もあります。

 

通販で購入するのは楽で良いのですが、こういった副作用の相談やニコチン依存の様子を把握してくれる医師がいないということは不安なことです。

 

副作用が感じられなかったり精神的に不快な変化が表れなかったりすれば問題はありませんが、チャンピックスを飲むことで体調や精神的な変化が起こることがあるということ、そしてその症状は侮れないということをよく覚えておいてください。

 

異常が表れたら絶対にすぐに服用を中止し、別の方法で禁煙にチャレンジしてみましょう。

 

 

page top