保険適用で禁煙治療ができる人

保険適用で禁煙治療ができる人

 

条件に合う喫煙者が禁煙外来で禁煙にチャレンジする場合には保険が適応されます。

 

条件にそぐわない喫煙者であれば当然自由診療ということになりますので、それだけ禁煙にかかる費用が高くなります。

 

究極的にお金がかからないのは禁煙外来にも行かず、禁煙補助剤も使わずに禁煙を成功させること。

 

しかし、現実的には自分の意思だけで禁煙を成功させるのは非常に難しく、早めに禁煙外来に行って医師の診断のもと正しい方法で禁煙するのが一番の近道であると言えます。

 

よって費用的にも精神的にも個人にかかる負担が一番少ないのは、禁煙外来で保険適用内の診察・治療を行うこと。

 

では保険適応の対象になるのはどんな人かと言うと

 

・一月以内に禁煙を始めたいと思っている人
・ニコチン依存症テストで5点以上
・一日あたりの喫煙本数×喫煙年数が200以上であること(ブリンクマン指数)
・禁煙治療を始めることを文書で同意していること

 

という条件に当てはまる人が保険適応の上禁煙治療を受けられる人です。

 

他にも、前回の禁煙治療の初回日から1年以上経過していなければ二度目以降の禁煙外来の診療は保険適用となりません。

 

また、保険が適用される期間というのも決まっていて、12週目(3か月)以降の診療はすべて自費診療となるので注意が必要です。

 

保険が適用される場合、チャンピックスで12週の治療を行ったときにかかる費用は19,000円程度です。

 

一方、保険が適用されずすべて自費で治療を行う場合、およそ63,000円の費用が掛かってしまいますから、保険が適用されるかどうかは禁煙治療を行う気になるかどうかの大きな分かれ目になるのではないでしょうか。

 

保険適用されなかったとき

 

保険適用されなかった場合、病院での禁煙にかかる費用は雲泥の差と言っても過言ではありません。

 

ブリンクマン指数は一日の喫煙本数×喫煙年数が200以上という単純な計算ですから、とりあえずその計算をするだけでも自分が保険適用されるのかどうかの目安にはなります。

 

どうせ保険適用されないし、病院に行く気がなくなった、禁煙する気なくなった。むしろあと3年待ってから禁煙した方が得じゃないかなどなど、禁煙の志が低い人にとっては保険適用されないという事実も禁煙を諦める口実となってしまうことがあります。

 

確かに保険が適用されなければ禁煙の費用は高くなります。

 

しかし逆に考えれば、まだ保険を利用する程の喫煙者ではない、今からであれば十分自分の意思で禁煙できるし、健康に及ぼす害も少ない状態だと納得することもできるのです。

 

自分が保険適用するかどうかは単純に禁煙にかかる費用の差に目が行ってしまいますが、医学的にはあなたにとって禁煙が「治療」に当たるか、「健康の管理」になるかという大きな違いがあるとも言えるのではないでしょうか。

 

つまり、本来であれば保険が適用になる程の喫煙者だと診断されればショックを受けてしかるべきなのです。

 

保険適用される歳になるまでこのまま吸い続けようと考えるのは、費用の面ではもちろんですが、健康の面で言えば愚かと言わざるを得ない考え方です。

 

乱暴な言い方になってしまいましたが、実際に保険が適用される場合とされない場合のかかる費用の差を考えれば、そのような考え方になってしまう気持ちも分かるのであえて強い言い方をさせてもらいました。

 

 

 

チャンピックスの禁煙成功率について

禁煙に挑戦して失敗したという経験を持つ喫煙者は多くいます。

 

それらの人が禁煙に失敗してしまう原因のひとつには、タバコを吸わなくなったことによるニコチン切れ症状のイライラ感などの不快な症状が我慢出来なかったからという理由があります。

 

チャンピックスはこのような禁煙に伴うニコチン切れ症状のつらさを軽減する効果を持つ薬なので、禁煙する時にこの薬を使うと禁煙率を上げるのに役立ちます。

 

チャンピックスを使った場合の禁煙成功率は、65.4%とも言われており、ニコチンガムやニコチンパッチを使った場合の禁煙成功率が10~20%程度とされているのに対して、高い禁煙率を実現していることが特徴です。

 

なぜ、チャンピックスがニコチン製剤よりも禁煙を成功させる割合が高いのかについては、この薬を服用しているとタバコを吸っても満足感が得られず、あまりおいしくないと感じるようになるため、徐々にタバコに魅力を感じなくなるということに関係が深いと考えられます。

 

そんなチャンピックスを利用して禁煙をしたいなら、禁煙治療を取り扱っている病院を探して受診すると良いでしょう。

 

この薬は、ニコチン依存症を診断するテストで一定以上の点数を取るなどの要件を満たしている場合には、健康保険の適用で処方してもらうことが出来るので、条件さえ合えば安い治療費で禁煙治療が出来る場合があるのも魅力となります。

 

是非、病院とチャンピックスを利用して禁煙を成功させ、タバコを吸わないことによるメリットを手に入れてください。

 

 

 

チャンピックスはニコチンを含まない禁煙補助薬として注目されており、この薬で禁煙治療をしている人は多いです。
病院の禁煙外来でもチャンピックスを処方されることは多いです。この薬はファイザー株式会社が製造しているもので、医療薬医薬品としてアメリカ食品医薬品局(FDA)に承認されている製品です。
病院で処方される以外にも、個人で通販を利用して購入することもできますが、ニセモノも出回っているので、購入のときにはファイザー株式会社の正規品である確認が必要です。
副作用の心配もある医薬品なので、病院で医師の指導の元に処方してもらい服用するのがベストです。

 

page top