禁煙の禁断症状を緩和するには

禁煙の禁断症状を緩和するには

 

禁煙をすると禁断症状を発症してしまうことが多いです。よく確認されている症状としては眠気があります。

 

この眠気というのは、どのように対策すれば良いのでしょうか?禁煙をするためとはいっても、日中眠くなってしまうというのは困りますよね?

 

この禁断症状の1つである眠気というのは、非常に高い確率で表れるものです。場合によっては日常生活に大きく影響を与えるような眠気に襲われることもあります。

 

禁煙症状の眠気がどうして起きてしまうのかをご存知でしょうか?喫煙をしている時とうのは、ニコチン依存症の状態です。

 

このニコチン依存症を発症している状態から禁煙をしてしまうと、体内のニコチンの量が減少してしまいます。そのため、眠気に襲われてしまうのです。

 

症状が酷い場合には1日中頭がしっかりと働かない、というような事もあります。このような禁断症状は平均的には1週間から2週間で収まると言われています。

 

どうしても仕事などにおいて支障があるのであれば、ニコチンパッチなどを使用して、少しずつ体内のニコチンの量をコントロールするようにしましょう。そうすることで比較的簡単に禁断症状を緩和することができるようになりますよ。

 

意気込まなくて良い、必要ないと言いましょう

 

空白の時間が生まれたとき、タバコのことしか考えられない時間というのは意外に短いものです。

 

ニコチンは3日で抜けるとか、長くても2~3週間だと言われています。最大に依存状態にあってもその程度。

 

つまり長く見積もっても1か月だけタバコから離れれば、多少なりとも存在するであろう依存からは解放され、あとは本当に純粋に意思の力で禁煙を成功させることができるのです。

 

いやもっと長い間辛いぞという方は、禁煙6か月成功とか一年吸っていないとかって数えていたのではないですか?

 

つまり禁煙というタスクを継続していたからこそ、タバコが恋しい時間が長かったのでは?

 

このサイトをご覧になっている方は、少なくとも「禁煙できたら良いな」程度には考えているのだと思います。

 

つまりゴールは「禁煙」という設定になっている。

 

それではその手段はと言うと、「タバコは百害あって一利なしだからやめる」というタバコを敵に回すやり方ではなく、タバコは「必要がない」という、言わば無関心に持って行くことではないでしょうか。

 

その手段は簡単です。

 

「必要ない」と実際に口に出して言うことです。

 

パートナーがいるのであれば、はじめはしつこいくらいに「タバコ吸う?」と聞いてもらいましょう。

 

あなたはすかさず「必要ない」と答えます。考える前に、反射的に答えましょう。

 

 

 

禁煙するぞと意気込むと禁煙が難しい訳

 

禁煙を成功さえるためにあらゆる工夫をする人がいると思います。

 

禁煙するぞと意気込んで人に宣言したり、成功日数を数えて、手近な目標を立て達成できたら自分にご褒美をプレゼントしたり、タバコとライターを捨てたり。

 

どれも有効な手段だと思いますが、空白を埋められない限り禁煙は成功しません。

 

禁煙しているということも継続中の動作なのです。

 

つまりもう何日吸ってないぞとか、今日は全然タバコ吸いたいと思わなかったぞとか考えるのは禁煙という動作中の息抜き時間であり、つまり空白です。

 

禁煙というタスクが自ら空白を生んでしまっているので、むしろハードルが上がっている。仕事を一つ増やすようなものです。

 

だから強い意思を持って禁煙をするのはむしろ自虐的な行為なのではないでしょうか。

 

 

禁煙アイテムの必要性

 

禁煙に挑む時にはニコチンガムだけでなく禁煙パイプなどといった様々なグッズを使用すると禁煙に成功しやすくなります。
最近はレストランから駅のホームに至るまであらゆる場所が禁煙となっています。

 

そのため、タバコを吸うことができる場所を探すだけでも大変です。
さらにタバコの値上げも行われていますので、喫煙者というのは犯罪者かのように悪者扱いをされてしまいます。

 

タバコは、吸っている本人と周りの人両者に悪影響を与えてしまいますので、やはり悪者扱いをされてしまうのでしょう。
ただし、このような場合には禁煙パイプなどを使用するようにすると良いでしょう。

 

禁煙パイプはタバコを吸うという習慣を一切我慢することなくニコチンを絶つことができます。
そのため、タバコを吸うことが習慣になっている方や、タバコを咥えていないと落ち着かない、という方にはとてもおすすめです。

 

禁煙パイプには色々な種類のものがありますが、費用もあまりかかりませんのでおすすめですよ。
タバコを吸いたいと感じた時には禁煙パイプをすぐに吸うようにしましょう。

 

そうしている間に、タバコを吸わなくても精神的に安定するようになりますよ。
とっても手軽に始めることができる禁煙方法ですので、是非ためしてみてくださいね。

 

 

禁煙で太る?

 

タバコを止めたら太ってしまった…そのような話を聞いたことがある方も多いと思います。

 

そのような事を耳にして、太りたくないからタバコがやめられない。そのように思われている方も多いと思います。

 

では実際にタバコを止めると太ってしまうのでしょうか?この禁煙による体重の増加というのは、多い方では5キロ程度太ってしまうこともあるようです。

 

しかし、タバコを止めて、ニコチンが体内からなくなった事で太っているわけではありません。タバコを止めてしまうと、普段から行っていた習慣がなくなってしまうことで、口寂しくなってしまうのです。

 

この口寂しさによってなにか口にしたいと思うのです。その結果、飴やチョコレート、お菓子といったものを食べてしまうことで体重が増加してしまうんですよ。

 

また、タバコを止めることで、味覚が本来の状態に戻ります。その結果、普段食べていた物をより美味しく感じたり、食欲が増進することで、食べ過ぎの状態になるのです。

 

それが禁煙による体重の増加の原因なんですよ。禁煙によって体重が増加してしまうから禁煙をしない。そのように思われている方は、一度禁煙後の食欲の抑え方についても考えてみるようにしましょうね。

 

 

チャンピックスで家計を節約!

 

タバコって値上がりしてから、本当に高いですよね。
家計の出費に負担がかかっているのであれば、節約のためにもチャンピックスとかで禁煙するのも一つの手段かもしれません。
自分だったら、タバコがあそこまで高くなったらさすがに止めると思いますが。
愛煙家の人は、1箱千円くらいになったら止めるって言う人が多いようですね。
でも、そんなにお金がかかるんだったら、思い切ってチャンピックスを処方してもらって、本格的な治療をした方が良いんじゃないのかなって思います。
やっぱりタバコを吸っていると、何が怖いって肺がんですよね。
タバコを吸っている人の肺がん率は高いと言いますし。
チャンピックスの治療は時間がかかりますが、やっぱり医師に指導してもらいながら進める方が、間違いがないと思います。
私の主人も、以前に禁煙パイポみたいなものを使って挑戦したことがありましたが、すぐに挫折してしまいましたからね。
やはりチャンピックスのように、しっかりとある程度管理去れた状態でやる方が効率的に治療が出来るんじゃないのかなって思いました。
自己管理で行う場合は、やっぱり自分の精神力との戦いになりますからね。
気持ちが弱い人はあっという間に挫折して終わりだと思います。

page top