禁煙と上手に向き合う

禁煙と上手に向き合う

 

禁煙は口寂しくなると挫折してしまう。
そのような方も多いようです。

 

そのように口寂しくなってしまうのであれば飴やガムなどによって気持ちをごまかすというのもおすすめです。
禁断症状は数分間続くと言われていますので、その間だけでも飴やガムでしのぐことができれば、禁煙に成功することもできるはずです。

 

禁煙すると多くの人が太ってしまうと言われているのですが、それは先ほどのように口寂しいことが原因となっています。
口寂しいために甘いものや甘い飲み物を飲食してしまうことが多くなります。
そのため、体重が増加してしまうのです。

 

禁煙をすることができたとしても、それが原因で激太りしてしまう。
そのような事も少なくありません。

 

女性の中には、この禁煙による体重の増加を気にして禁煙に踏み出すことができない、という方も多いようです。
近年では禁煙用の飴も販売されています。

 

喫煙欲求が高まった時にこの飴をなめることで、心をすっと落ちつかせることができるんですよ。
タバコを吸いたくなった時にすぐになめることができるように、しっかりと普段から簡単に取り出すことができる場所に入れておくようにしましょうね。
そうすれば禁煙に上手く利用することができますよ。

 

チャンピックスと呼ばれる禁煙補助剤が注目を集めています。チャンピックスの効果とは、ニコチン製剤とは異なり、ニコチンを使用しないで禁煙を補助する点にあります。ニコチンガムなどと違い、ニコチン依存を解消する手助けを行う禁煙治療のため、ニコチンに対する依存性をなくすことができると言われています。チャンピックスの効果は、早い人で数日から1週間程度で実感する方もいるようで、効果の高さはにより注目が集まっています。

 

禁煙で眠気が辛い

 

禁煙を始めると、強烈な眠気に襲われてしまう、という方が少なくありません。
しかし、これは決して気のせいではないのです。

 

禁煙による眠気というのはニコチンからの離脱症状の1つです。
離脱症状というのは薬物などの摂取を止めたときの禁断症状の1つです。

 

禁煙をしてタバコを止めると、タバコを吸いたくなったり、落ち着かない、と感じてしまうことも多いと思います。
このような症状のことをいいます。

 

一般的に禁煙による離脱症状というのは数日で収まると考えられているのですが、数ヶ月にもわたって継続してしまうこともあります。
症状の強さには個人差があって、引き起こされる症状にもそれぞれ違いがあります。
しかし、禁断症状の中でも最も多いのが眠気になります。

 

その他にも、手足のしびれ、便秘、頭痛といった色々な症状が引き起こされる可能性があるのですが、眠気は特に多いのです。
喫煙をすることによって脳内にたくさんのニコチンが運ばれて、アセチルコリン受容体が体内に作られます。
そして、神経系に作用しますので、興奮や覚醒をもたらします。
ニコチンが切れることで、この興奮や覚醒作用が無くなり、結果的に眠気を感じてしまうようになるのです。

 

これが禁煙における眠気の原因となっているんですよ。

 

 

禁煙とニコチンガム

 

禁煙をする場合にはニコチンが欠かせません。このニコチンガムというのはニコチンが含有されているガムなのですが、口の粘膜からニコチンを吸収するものです。そのため、ニコチンガムを噛むとピリピリとします。

 

タバコを吸いたくなったら一つ噛みましょう。禁煙中にタバコを吸いたくなった時にはすぐにでもニコチンガムを噛むと良いですので、普段から肌身離さず持っておくようにしましょう。

 

ニコチンガムを噛む量というのは少しずつ減らしていきます。そうすることで身体の中のニコチンの量を減少させていき、無理なく禁煙をすることができるようになりますよ。

 

このニコチンガムはタバコを吸いたくなった時にはいつでも手軽に使用することができるというのが最大のメリットです。また、禁煙による口寂しさから甘いモノやお菓子などを食べ過ぎてしまうことも予防できます。

 

薬局などでも販売されているので、とっても手軽ですよ。禁煙中でもついニコチンガムを忘れてしまった…そのような事もあるかもしれませんが、そのような時にタバコを吸ってしまってはいけません。

 

その時には素直にあきらめてその日は気合と根性でタバコを我慢するようにしてくださいね。やはり、ニコチンガムは極力忘れないように十分に注意をしてください。

 

 

禁煙のメリット

 

禁煙のメリットというのはいくつもありますが、やはり血液中の一酸化炭素濃度が減少することによって身体が健康的になります。さらにお肌もきれいになりますし、透き通ったお肌を手に入れることができます。また、生活習慣病の改善にも役立ちますよ。

 

血液中の一酸化炭素濃度というのは禁煙してから8時間程度で低下するようになります。そして、48時間後になると心臓発作のリスクを低くすることができるようになります。そして2週間も経てば循環機能も回復するようになりますよ。

 

また、喫煙をするというのは普段の生活の中で喫煙者というのは肩身の狭いものです。タバコを吸う場所を探さなければなりませんし、タバコを吸って良い場所であっても、非喫煙者に白い目で見られることがあります。

 

禁煙をすればそのような肩身の狭い思いをすることもありませんよ。タバコというのは普段の生活の中で欠かすことができない!そのような方も多いと思います。

 

しかし、一時的にニコチンの摂取によってリラックス効果を得ることができますが、それは体内のニコチンの量が減少しているからです。つまり、そもそもニコチンに依存している事自体が身体にとってストレスの原因となっているんですよ。ニコチンとは無関係な健康的な生活を手に入れたくありませんか?

 

 

禁煙で便秘になる?

 

禁煙すると便秘になってしまう、という噂を聞いたことがありますか?
実は、これは噂だけではなくて、禁煙をすることで便秘になってしまう方が多いのです。

 

しかし、実は正しくはそうではなくて、便秘状態だったものがタバコを吸うことによって次第に排便しやすい状態になったのです。
そこで便秘が改善されていく理由は、ニコチンが腸内を刺激して排便を促進するからです。

 

空腹時や体調が悪い時というのは、タバコを吸うと下痢をしてしまうことがあります。
それもこのニコチンが腸内を刺激するからなんですよ。

 

つまり、禁煙をして便秘になるというのは、結局は元の便秘の状態に戻っているだけです。
決して禁煙をしたからそれまでスムーズに排便できていたものが便秘になった、というわけではありません。

 

禁煙によって便秘の状態になっているのであれば、まずは禁煙を続けて、ニコチンがなくてもスムーズに排便できる、という状態に身体が慣れるまで待つことが重要です。

 

便秘になっているからといって、それを理由にまたタバコを吸い始める、ということがあってはいけません。
それでは結局最後までタバコがなければ排便できない状態になってしまいますので、そのことをしっかりと覚えておいてください。

 

 

チャンピックスの怖い副作用

 

チャンピックスってタバコ治療で非常に有名になっていますが、自動車事故の原因になっているかもしれないっていう話もあるんですよね。
チャンピックスには、副作用として眠気があるとか。
それが自動車を運転している人にとっては、大きな危険になりますね。
チャンピックスの副作用については、やはり眠気の他に腎臓病を患っている人には心配があるようです。
主治医に聞いてからチャンピックスを使用した方が安全みたいですね。
やはり禁煙したいとしても、安全性がないような薬を服用するのは怖いですよね。
薬にはいつも副作用がつきものです。
これまでは大丈夫だったとしても、やはりいつ自分の体質に合わない薬を飲むことになるかわかりませんからね。
それを予防するためには、やはり医師の診断がすごく大事だと思います。
特にアレルギー体質の人や、既に他の病気で薬を服用している人ほどリスクが高いですね。
タバコを吸わないようになれば、それだけ購入費用が節約できますし、家計も楽になりますよね。
タバコはこれからもどんどんと増税される傾向にありそうですよね。
早めに禁煙して辞めてしまった方が健康のためにも良いと思います。
タバコは、百害あって一利なしですよね。

 

page top