チャンピックス最安値

旦那は、喫煙歴15年

 

只今、妊娠5カ月。
待望の赤ちゃんを授かり、幸せいっぱいの我が家ですが、なんと、問題発生。赤ちゃんの成長と母体は健康ですが、最近旦那が体の不調を訴えだしました。

 

それもそのはず、旦那は、喫煙歴15年。自他共に認める愛煙家。朝、新聞読みながら。トイレの中。テレビを見ながら。寝るまえにまた一本。会社では休憩時間に必ず喫煙ルームに行ってるみたいだし、タバコを吸っていない時間の方が短いような気さえするほど。

 

お医者さんに行って精密検査してみると、肺がちょっとお疲れ気味のよう。ストレス性の胃腸炎も併発。私が妊娠してからは、会社やベランダ、外出をして吸う以外、家の中では控えていてくれたけど、それが余計なストレスを呼んでいたみたい。

 

しかも、健康のためと称して、スーパーライトとか軽いたばこに変更したけど、フィルターぎりぎりまで吸って、かえってたくさん吸う結果に。低タール、低ニコチンの軽いたばこだからといって体への負担が軽いわけではないんだよね。

 

それにしても、肺がんとかじゃなくてよかった・・・・。

 

とはいえ、お腹の赤ちゃんはもちろん、赤ちゃんが生まれてから、このタバコの煙を吸わせると思うと、ゾッとするし、こんなにタバコを吸う旦那の健康が心配。禁煙前にはいつも肝臓痛いとか言ってたし・・・。旦那にはずっと健康でいてもらわなくては。

 

せっかく幸せな家族になれるというのに、タバコごときで健康を損なって寿命を短くしてもらっては困る!

 

>>チャンピックス(Champix)の詳細

 

 

旦那は禁煙を決意。

 

禁煙外来をやっていた病院で治療することに。タバコの依存度を決めるブリンク万指数もクリア。保険適用内での治療にかかれることに。治療にかかるのは日数は13週間。

 

13週間を乗り越えれば禁煙できる!のはずだったけど・・・、なんと禁煙に失敗。禁煙外来を受ければ、禁煙できちゃうものだと思っていたけれど、そうじゃなかった。

 

妊婦である私と、お腹の赤ちゃんのため、大好きだったタバコをやめる決意をして禁煙に望んでいたけど、13週間では駄目だったー。徐々に効果が現れていたけど、5回の治療期間内では旦那の場合、この日数では足りなかったみたい。で、あえなく失敗。

 

旦那もがんばったんだけどなぁ。ここで諦めるわけにはいかないので、再チャレンジ!しかし・・・

 

禁煙を失敗した場合、お医者さんの治療でチャンピックスっていうお薬もらってたけど、2回目は実費。診療もお薬代も、後1年経たないと保険適応しないっていうし。保険がきかないと、お薬代だけでも月々16670円。年間で200,040円。

 

ベビーカーにベビーベッド、チャイルドシートにベビー服、おむつ、おしりふき、哺乳瓶に、そうそう学資保険も。子どもにかかるお金がこれからわんさかかかるっていうのに、子の出費は痛いし、どうしよう・・・。

 

チャンピックスは、飲むだけで禁煙できちゃう禁煙薬で、ニコチンに似た作用のある成分が、ニコチンの代わりに吸いたい欲求のもとに結合して、煙草の我慢が楽になるだけでなく、チャンピックスを服用しているうちにタバコがみるみるまずく感じて、吸いたいと思う気持ち自体を無くしていってしまうという、ストレスレスな薬。

 

ヘビースモーカーの旦那は、このお薬なしでは皆無。かといって、お薬代は家計に響くし・・・。

 

通販だと安く買えてしまうらしい。

チャンピックス

 

>>チャンピックス(Champix)の価格

 

頭を抱えていたある日。
短大時代の友人K子から久々の電話が。
お互い結婚してからはなかなか会えなかったけど、電話するうちにあの頃のように超盛り上がり。
すると、ふとした流れから旦那の禁煙について話題に。
K子の旦那さんも禁煙中とのこと。
しかも、お医者さんで治療していたのに失敗して保険きかなくなっちゃったという、まるでデジャブのような状況。
さぞかし家計に直撃だろうと共感を得ようとしたけど、K子はのほほん。
家計は心配ないって。

 

 

なぜ!?

 

 

聞いてみると、禁煙薬のチャンピックスはインターネットで購入可能で、しかも、個人輸入だと正規品が安く買えてしまうらしい!
個人輸入といっても輸入代行業者を使えば楽ちん。

 

 

いいこと聞いた!

 

 

そく購入しなければ!

 

 

ショップを検索してみると、結構いっぱいショップがある。
値段もショップによってずいぶん違う・・・。
なんかあやしいショップもあるな。
そこで、

 

・「特定商取引法に基づく表記」があって、会社の所在地・連絡先が確認できるところ
・Eメールや電話によるカスタマーサポートが充実しているところ
・知名度(販売実績)があり、運営スタッフの顔がしっかり見えるところ
・クレジット決済が可能なところ

 

この条件に合うショップが安心して利用できるそうなので、この見分け方をもとにさがしてみると、あったあった。

 

 

この条件にぴったり合って、しかも価格安いのが。
「オオサカ堂」「

 

禁煙2度目のトライなので、
チャンピックス メンテナンスパック2個まとめ買いをチョイス。
チャンピックス約2カ月分の量で、慣れてきてからのまとめ買い用。

 

 

調べてみると、どのショップもきちんとしていて、口コミも上々。
金額の差は、輸入代行の手数料の差と仕入れの多さで違うのかなぁと思うけど、やっぱり、1円でも安い物を買いたいのが主婦の性。

 

 

1日800円以上もタバコにお金を使っていた毎日を考えれば、本当に格安。
これならチャンピックスの継続も家計に負担をかけずに実現できそう。

 

>>チャンピックス(Champix)の価格

 

チャンピックス

 

保険適用で禁煙治療ができる人

 

条件に合う喫煙者が禁煙外来で禁煙にチャレンジする場合には保険が適応されます。

 

条件にそぐわない喫煙者であれば当然自由診療ということになりますので、それだけ禁煙にかかる費用が高くなります。

 

究極的にお金がかからないのは禁煙外来にも行かず、禁煙補助剤も使わずに禁煙を成功させること。

 

しかし、現実的には自分の意思だけで禁煙を成功させるのは非常に難しく、早めに禁煙外来に行って医師の診断のもと正しい方法で禁煙するのが一番の近道であると言えます。

 

よって費用的にも精神的にも個人にかかる負担が一番少ないのは、禁煙外来で保険適用内の診察・治療を行うこと。

 

では保険適応の対象になるのはどんな人かと言うと

 

・一月以内に禁煙を始めたいと思っている人
・ニコチン依存症テストで5点以上
・一日あたりの喫煙本数×喫煙年数が200以上であること(ブリンクマン指数)
・禁煙治療を始めることを文書で同意していること

 

という条件に当てはまる人が保険適応の上禁煙治療を受けられる人です。

 

他にも、前回の禁煙治療の初回日から1年以上経過していなければ二度目以降の禁煙外来の診療は保険適用となりません。

 

また、保険が適用される期間というのも決まっていて、12週目(3か月)以降の診療はすべて自費診療となるので注意が必要です。

 

保険が適用される場合、チャンピックスで12週の治療を行ったときにかかる費用は19,000円程度です。

 

一方、保険が適用されずすべて自費で治療を行う場合、およそ63,000円の費用が掛かってしまいますから、保険が適用されるかどうかは禁煙治療を行う気になるかどうかの大きな分かれ目になるのではないでしょうか。

 

禁煙方法は何通りかあります

 

禁煙する方法は何も禁煙外来に行くだけという訳ではありません。

 

ご存じの通り自力で簡単に禁煙できてしまう人もいますし、禁煙外来にかかっていても容易には禁煙成功できない人もいます。

 

難易度で言えば一番易しいのが禁煙外来で医師のアドバイスを受けながら禁煙補助剤を使って禁煙すること。

 

一番難しいのが自力で、意思のみで禁煙をすること。

 

易しい方法だとお金がかかりますが、難しい方法だと無料でできます。

 

その選択は個人の自由ですから、自分にできそうな方法を探し続けるというのも大事なことです。

 

折衷案としては、自分の意思で禁煙補助剤を使って禁煙にチャレンジすることです。

 

この場合は通販を利用するのが一般的でしょう。

 

中には禁煙は本気でしたいけれども禁煙外来を探すのが面倒だし、あったとしても近くにはなく通院が不便という方もいます。

 

また、逆に管理されるとなると禁煙をする気がしなくなるという方もいるでしょう。

 

だけど今まで何回も禁煙には失敗しているし、今度こそ本気でと思うけれどどうすれば良いか分からない。

 

そういう方は個人的にネット通販でチャンピックスやニコチンパッチなどの禁煙補助剤を購入して禁煙にチャレンジしてみると良いでしょう。

 

特にチャンピックスは禁煙効果が高いとされていますので、試してみると良いと思います。

 

チャンピックス使用の際に気を付けること

 

チャンピックス

 

チャンピックスは禁煙外来でも処方される禁煙補助剤ですが、脳に直接作用してニコチンによる快楽物質を発生させなくする、ニコチンパッチやニコチンガムとは少し性質のことあるお薬です。

 

頭痛は吐き気などの副作用が出ることがあると言いますが、それ以上に精神に影響する副作用が表れることがあるという点に注意が必要です。

 

具体的には、抑うつや精神疾患の悪化、不眠、悪夢を見るなど、少し怖い症状がチャンピックスの副作用として知られています。また、チャンピックスを飲んだあとは意識が朦朧とする方がいますので、車の運転などはしないようにする必要があります。

 

もし、以上のような症状が強く表れ、日常生活に支障を来すようでしたら、無理はせず服用を中止し、別の方法で禁煙をしてください。

 

このような症状が出るとき、医師に相談できないというのが個人的にチャンピックスを通販する際のデメリットです。

 

タバコをやめるという強い意思に加え、自己管理を疎かにしないという難しさがあります。

 

だからこそ、個人でチャンピックスを通販するというのは禁煙を始めやすくて良いのですが、禁煙達成の難易度は病院に行くほどではありません。

 

ベストは禁煙外来で保険の適用される範囲の禁煙治療を行うことでしょう。

 

保険適用されなかったとき

 

保険適用されなかった場合、病院での禁煙にかかる費用は雲泥の差と言っても過言ではありません。

 

ブリンクマン指数は一日の喫煙本数×喫煙年数が200以上という単純な計算ですから、とりあえずその計算をするだけでも自分が保険適用されるのかどうかの目安にはなります。

 

どうせ保険適用されないし、病院に行く気がなくなった、禁煙する気なくなった。むしろあと3年待ってから禁煙した方が得じゃないかなどなど、禁煙の志が低い人にとっては保険適用されないという事実も禁煙を諦める口実となってしまうことがあります。

 

確かに保険が適用されなければ禁煙の費用は高くなります。

 

しかし逆に考えれば、まだ保険を利用する程の喫煙者ではない、今からであれば十分自分の意思で禁煙できるし、健康に及ぼす害も少ない状態だと納得することもできるのです。

 

自分が保険適用するかどうかは単純に禁煙にかかる費用の差に目が行ってしまいますが、医学的にはあなたにとって禁煙が「治療」に当たるか、「健康の管理」になるかという大きな違いがあるとも言えるのではないでしょうか。

 

つまり、本来であれば保険が適用になる程の喫煙者だと診断されればショックを受けてしかるべきなのです。

 

保険適用される歳になるまでこのまま吸い続けようと考えるのは、費用の面ではもちろんですが、健康の面で言えば愚かと言わざるを得ない考え方です。

 

乱暴な言い方になってしまいましたが、実際に保険が適用される場合とされない場合のかかる費用の差を考えれば、そのような考え方になってしまう気持ちも分かるのであえて強い言い方をさせてもらいました。

 

>>チャンピックス(Champix)の価格

 

禁煙はやる気が出たらすぐに!

 

単純にたばこを吸い続ければ仮に禁煙の費用が60,000万円かかるとしても一年のたばこ代よりはずっと安いでしょう。

 

たばこが健康に良くないことも分かり切っているはずです。

 

しかしそんな単純なことに目をつぶり、それでもなお吸い続けようと思ってしまうところがタバコの依存の怖いところですし、それだけ禁煙は難しいことなのです。

 

だから禁煙にチャレンジするのであれば、一度保険が適用されるかどうかは考えずにお医者さんと相談してみてはいかがでしょうか。

 

使用するお薬も相談できますし、何より病院に行くことでもっとやる気になるかもしれません。

 

当然早くに禁煙が成功すれば、それだけ費用も安く済みます。禁煙が出来れば目的は達成なのですから、利用できるものは利用しましょう。病院も利用できるものの一つです。

 

お医者さんに相談し、チャンピックスが体に合うようだと分かってから後は通販を利用するという選択肢もあります。

 

とにかく、禁煙は思い立ったが吉日!

 

費用がもったいないと言えばタバコを吸っているお金の方がよっぽどもったいないのですから、保険は効いたらラッキーくらいでまずはチャレンジを始めることが重要だと思います。

 

チャンピックス

 

チャンピックスの仕組み

 

チャンピックスは自然にタバコを吸う気がなくなります。

 

その段階になって、「タバコがないなんてつまらない」なんてことも考えなくなるでしょう。

 

ではチャンピックスにはどうしてそのような力があるのでしょうか。

 

自然に吸いたくなくなる、中毒を解くとなるとどんな強いお薬なのかと多少怖くなるかもしれません。

 

無理矢理人の脳みそに作用して、精神をコントロールされてしまう恐ろしい薬なのではないか。

 

確かにチャンピックスはその通りの作用を引き起こしますが、同じ仕組みで恐ろしいのはむしろニコチン中毒を引き起こすタバコの方です。

 

チャンピックスはニコチンの受容体をいち早くふさぐことで、ニコチンの欠乏による離脱症状(いらいらなど)を軽減させるお薬です。

 

 

そもそもタバコがなぜおいしく感じるかと言うと、脳内のニコチン受容体にニコチンが結合することにより快楽物質であるドーパミンが放出されるからです。

 

タバコそのものの味ではなくて、ドーパミンによる快楽がタバコを手放しがたくさせているのです。

 

そして中毒と呼ばれるのは、ドーパミンによる快楽が欲しくなるというよりも、ニコチンが切れ快楽物質が放出されない状況に耐えられなくなる状態のことです。

 

その証拠に、タバコはいつもいつでも最大のおいしさを与えてくれる訳ではないでしょう。

 

タバコを我慢した後とか、ストレスが溜まったときとか、疲労がたまったとき、食後頭に血が回らなくなったときに特に吸いたくなり、特に美味しく感じると思います。

 

誰でもストレスのかかることや疲労がたまったときはイライラします。しかし誰もがタバコを吸いたくなる訳ではないということは、本来タバコがないとどうしようもないイライラなんてそうそうないということです。

 

つまり、タバコはイライラを解消するために必要なのではなくて、少しのイライラをきっかけに中毒症状が増長されることで、イライラに耐えられなくするものなのです。

 

>>チャンピックス(Champix)の価格

 

チャンピックスはニコチンを使わない!

 

チャンピックスはニコチン受容体をニコチンより早く塞ぎニコチンの行き場をなくします。

 

ニコチンが供給されるときの快楽がなくなりますから、タバコを吸っても美味しいと感じなくなります。

 

なぜタバコをやめられないのかというと、やはり吸うと気持ちが良いからです。

 

それが中毒というものですが、ニコチンなくして正常な状態を保てないということ。

 

従来の禁煙補助剤でしたら、少量のニコチンを皮膚から摂取することで中毒症状を抑え、タバコを吸いたい!という衝動を軽減させることで禁煙を促しました。

 

ところが中毒を抑えるためにニコチンを使用している以上、本当の意味で中毒を克服するのは難しい。

 

タバコを無暗に吸う習慣を変えたり、我慢の手助けをしたりにはなるでしょうが、ニコチンを欲しているという状況に変わりはないのです。

 

チャンピックスはニコチンではなく、バレニクリン酒石塩酸という有効成分でニコチン受容体を塞ぎ、少量のドーパミンを放出しますから、ニコチンがなくてもイライラが治まり、なおかつニコチンを必要としないという状況を作ることができます。

 

ニコチンを必要としない状態になるから、タバコがだんだんいらなくなり、ついにはいつの間にかタバコのことを考えなくなり、自然に禁煙できているという訳です。

 

チャンピックス使用上の注意

 

チャンピックスは禁煙外来でも処方されるお薬ですが、通販で個人的に購入することもできます。

 

しかし個人的に購入する場合は、副作用が比較的強いお薬のようですから注意が必要です。

 

頭痛や吐き気、不眠、便秘などが代表的なチャンピックスの副作用ですが、お薬の性質上、精神的な影響も強く表れる人がいると言います。

 

抑うつや精神疾患を患っている方は悪化するおそれがあるのでチャンピックスは使わない方が良いですし、眠気や意識が朦朧とするなどの症状が表れることもあるので服用後の運転等は控えましょう。

 

頭痛や吐き気はともかく、精神的な変化や意識に影響が出ることは命に関わる危険性もあります。実際にチャンピックスの服用が原因で自殺や死亡事故が起きているという報告もあります。

 

通販で購入するのは楽で良いのですが、こういった副作用の相談やニコチン依存の様子を把握してくれる医師がいないということは不安なことです。

 

副作用が感じられなかったり精神的に不快な変化が表れなかったりすれば問題はありませんが、チャンピックスを飲むことで体調や精神的な変化が起こることがあるということ、そしてその症状は侮れないということをよく覚えておいてください。

 

異常が表れたら絶対にすぐに服用を中止し、別の方法で禁煙にチャレンジしてみましょう。

 

>>チャンピックス(Champix)の価格

page top