ニコチンの離脱症状

ニコチンの離脱症状

 

チャンピックスは比較的無理なく禁煙を成功させることができるお薬です。

 

しかしみんながみんなという訳ではありませんし、副作用が重く続けられない人もいます。

 

チャンピックスは重い副作用が出ることがあると先に聞いていた人の中にはニコチンの離脱症状をチャンピックスの副作用と勘違いして服用を中止してしまったり禁煙を止めてしまったりすることがあると言います。

 

そもそもニコチンの離脱症状とはどういったものでしょうか。

 

一般的に、ニコチンを体から追い出す際に見られる離脱症状のピークは3日程度だと言います。

 

離脱症状の重さや症状が続く長さには個人差があるものの、ニコチンが抜ければ必ず離脱症状からは脱却することができますから、我慢のピーク期間ということです。

 

禁煙補助剤はこのニコチンが抜ける過程で起こる辛い症状を軽減させることができるからこそ禁煙の補助になるのですが、個人差が大きいところでもありますから成功率は一定ではありません。

 

中にはたばこを止めた途端に異常な体調の悪さに襲われ、反対にたばこを吸わないとヤバい!という感覚になって特に吸いたいと考えるまでもなく吸ってしまう人もいるようです。

 

頭痛がひどいとか、朝まったく起きられなくて仕事に支障を来すとか、気持ち悪くて何も食べられないとか、日常生活がままならない状態になれば反射的に禁煙できないと感じるのも仕方ないかもしれません。

 

さすがに禁煙補助剤を使ってこのような事態になることは珍しいと思いますが、どの禁煙補助剤を使うにしてもニコチンの離脱症状を乗り越えることが禁煙成功の第一歩だということはよく知っておくべきだと思います。

 

つまり禁煙補助剤を使用したときに考えることは、まず離脱症状の苦痛を抑えられているか、第二に副作用が表れていないかということです。

 

副作用と離脱症状をごっちゃにして禁煙は無理なのだと諦めないで、個人で禁煙にチャレンジするのであれば、お薬を変えるべきなのか、数日我慢すべきなのかという判断ができるようにしておくと良いですね。

 

 

チャンピックスとは、禁煙補助薬として人気を集めている製品です。ニコチン入りガムといった禁煙補助薬とは異なり、チャンピックスはニコチンを使用していないため、ニコチン中毒状態から早く抜け出せると言われています。チャンピックスの場合、脳内のニコチン受容体にニコチンの代わりに作用することで、ニコチン切れのストレスを感じることなく禁煙成功へと導くことができるのが特徴的です。効果の出具合には個人差があります。

 

 

 

タバコを辞めることで得られるメリットは数多くあります。タバコ代の出費、口臭(体臭)やヤニの抑制、病気へのリスクの低減、味覚など。そんなメリットを得るために禁煙治療を行う人が随分と増えてきています。今ではタバコを吸う人の方が肩身の狭い思いをすることも少なくない時代。そんな中禁煙治療が勧められ、禁煙補助薬としても人気を集めているのがチャンピックスです。チャンピックスは医療機関において使用されています。

 

page top