知らないと怖いチャンピックスの副作用

知らないと怖いチャンピックスの副作用

これまで何回も禁煙にチャレンジしたけれど、そのたびに失敗して、早くやめたいと思いつつ、タバコを吸ってしまう人は多くいます。
タバコは何年も吸い続けていくうちに、深刻なニコチン依存症になってしまうので、手元にないと落ち着かなくなりますし、イライラして考えがまとまらなくなり、仕事も出来なくなってしまうことがあります。
その状態まで進んでいた場合、自力でやめるのは不可能に近いので、そんなときは禁煙外来でチャンピックスを処方してもらい、12週間の禁煙治療を始めるようにしましょう。
チャンピックスは薬なので、人によっては副作用が起きます。
一番怖いのは意識喪失ですが、チャンピックスはニコチンを使わずに、脳に作用する薬なので、まれにそのようなことが起こります。
意識を失い、眠ってしまうと、車の運転をしている場合は非常に危険なので、乗らない時間帯に服用するようにしてください。
もっとも多いのは吐き気やめまい、頭痛ですが、便秘や腹痛などの胃腸障害が起きることもありますし、眠気以外にも不眠や、異常な夢を見る場合もあるので注意が必要です。
副作用がひどい場合は、お医者さんに相談すれば対処法を考えてくれるので、一人では悩まないようにしましょう。

 

 

チャンピックスには副作用がある!危険性を知ってから使用しよう

習慣的に喫煙をしている人がタバコを止めたい場合に、服用する飲み薬の一つとしてチャンピックスがあります。喫煙をすると脳内のニコチン受容体にニコチンが結合して、ドーパミンという快楽物質を放出しますが、チャンピックスを飲めば、それがニコチンに代わってニコチン受容体に結合します。

 

その時に少量のドーパミンを放出してくれるので、ニコチン切れのイライラの症状を軽くします。またチャンピックスを服用するとあらかじめニコチン受容体に結合された状態になるので、それによって喫煙した時のニコチンは受容体に結合することが出来ず、タバコの味がおいしくなくなります。

 

それによって、通常ではタバコを吸わないことによるイライラを解消し、また味がおいしくないことにより、スムーズに禁煙が達成されるというものです。ただチャンピックスは飲み薬ですが副作用の危険性もあり、一番多い副作用は吐き気です。

 

他には頭痛、上腹部痛、便秘、お腹のはり、普段と違う夢をみる、不眠などの症状があります。吐き気については食事後に服用することで吐き気を起こしにくくなります。

 

このようにチャンピックスには副作用が報告されているので、事前に服用する前や服用中に違和感を感じた場合などでは、医師の診断と相談を仰ぐことが適切です。また危険性を熟知して服用することは、万が一の場合の対処においても理に適っています。

 

 

チャンピックスの副作用 血圧上昇

チャンピックスは、禁煙を補助する薬です。国内初の禁煙の飲み薬であり、多くのクリニックで処方されています。
チャンピックスは、吐き気や、便秘などの胃腸に関する症状が最も多いです。また、10人に1人に、頭痛が生じているという研究データもあるため、頭痛などの不具合が生じた場合には、医師や薬剤師に相談する必要があります。かゆみや発疹などのアレルギー症状が出ることもまれにあるため、このような症状が出た場合には、すぐに薬を服用することを中止する必要があります。
チャンピックスは、血圧に関する異常が出る可能性もあります。動悸や、不整脈、狭心症などの症状が出る場合があるため、注意する必要があります。また、血圧に関する薬を服用している場合には、飲み合わせの悪い薬もあります。血圧の薬のプロプラノロールや、血栓の薬のワルファリンなどを服用している場合には、薬の血中濃度を高くしてしまう恐れがあるため、医師や薬剤師の指示に従う必要があります。腎臓の病気がある人や、妊娠中または授乳中である人なども、精神疾患の治療をしている人などは、薬を使えない場合があるため、お薬手帳などで、飲んでいる薬の管理をしっかりとする必要があります。

 

 

チャンピックスを使っても禁煙に失敗する原因とは

タバコをやめるため、これまで何度も努力したものの、職場や繁華街で誰かが吸っているのを見ると、つい喫煙してしまうという方は少なくありません。
タバコの煙を嗅いだだけで我慢できなくなってしまうので、もうどうしたらいいのかわからない場合は、チャンピックスを使うようにしてください。
喫煙したくなる人の多くは、ニコチン切れの症状に耐えられない場合が多いですが、チャンピックスには少量のドーパミンを放出する効果があるため、イライラなどの辛い症状を抑えることが出来ます。
さらに、つい吸ってしまったときも、昔に比べるとあまり味がしないと感じるようになりますから、チャンピックスをまじめに12週間続ければ、タバコを必要としない体になることが出来ます。
チャンピックスを使っても、禁煙に失敗する原因の多くは、担当医の指示に従わず、途中で服用をやめてしまうことなので、まだ12週間経っていないにもかかわらず、薬を飲まなくなるのはやめるようにしてください。
12週間続けないと、これまでの努力がムダになり、また吸ってしまう可能性が高くなります。
それに12週間が過ぎて、禁煙に成功しても、まだどこかに吸いたい気持ちは残ってしまうので、喫煙所などのタバコのにおいがするところには近づかないようにしましょう。

 

 

チャンピックス服用前に必ず添付文書の確認を!

チャンピックスは服用する時には幾つかの注意点が在ります。

 

食事の後に服用すると、吐き気などを生じさせる副作用が在ったり、服用した後は眠気が起きるなどの理由からも自動車の運転を控える事など、服用をするためには注意点を守る事が大切です。

 

尚、チャンピックスには添付文書が在るので、それをしっかりと読んで把握をした上で服用をすることが大切です。

 

そもそもチャンピックスと言うのは禁煙補助剤であり、禁煙を目的として利用する医薬品で、医薬品と言う事からも副作用が起きるリスクが在ります。
どのような副作用が起きるのかなどは添付文書に記載があるため、それを防止する意味において記載事項を守ることが大切と言う事です。

 

尚、服用後に自動車の運転をしていた人が自動車事故を引き起こすと言った事例が発生したことにより、添付文書は改訂が行われています。

 

従来の注意事項の中には、自動車の運転など、危険を伴う機械操作を行う場合は注意が必要となっていましたが、自動車事故が起きた事で、注意をして運転をすると言う事から、運転をしないで下さいと言った文章に変更されています。

 

また、自動車の運転だけではなく機械操作などを行う仕事をしている場合には、チャンピックス服用後の作業を行わないなどの配慮が必要になるため、服用する時間帯などを考えて利用する事が大切です。

 

 

チャンピックスで禁煙!成功率は?

 

独身時代は、自分一人のことだけを考えて生活している方が多いですが、結婚すると、家族のことも考えなければならないので、タバコを吸っている場合は、やめたいと思う方が増えるようになります。
家計に響くというのもありますが、タバコの煙を吸うと、タバコを吸わない人にまで健康被害を起きる可能性があるため、可愛い奥さんや子供のことを考えるなら、早めに禁煙した方が良いでしょう。
ですが自力で禁煙に成功する人は非常に少なく、ニコチン依存症から逃れられない方が多いため、本気でタバコをやめたいなら、禁煙外来へ行って、チャンピックスを処方してもらうことをおすすめします。

 

禁煙治療薬のチャンピックスを使うと、どれぐらいの成功率があるのか気になる方もあるでしょうね。
基本的にこの薬は12週間続けないと成功しにくいので、途中でやめてしまうと、失敗する確率が高くなります。
ファイザー製薬のサイトによると、初回の治療を受けただけで中断した人の場合、禁煙を続けているのは6.5%と少ないですが、12週間最後まで続けて受診した人の場合は、49.1%という結果が出ています。
なんと7.5倍にまで増加していますし、2人に1人が禁煙できたことになるので、チャンピックスの服用を始めたら、きちんと12週間続けるようにしてください。

 

 

page top