自分判断でチャンピックスを減らすのはOK?NG?

自分判断でチャンピックスを減らすのはOK?NG?

 

禁煙補助剤でもあるチャンピックスは、服用開始から3日間は1日1回0.5mg錠を服用して、4日目から7日目までは1日2回0.5mg錠を服用し、8日目から最終の12週目までの間は1日2回1mg錠を服用すると言う服薬指導を受ける事になります。

 

因みに、チャンピックスは禁煙外来での処方の他、通販サイトなどを利用して購入する事も出来る医薬品で、最初の1週間だけはどうしても煙草を吸いたくなった時は喫煙をしても良いと言われています。

 

禁煙外来には定期的に通院をして現在の禁煙状況の報告や専門医から禁煙に対するアドバイスを受ける事になりますが、チャンピックスの服用する量は、8日目以降は1日2回と定められており、自己判断で1日1回にするなど、服用する量を減らしてしまうと煙草を吸いたくなる願望が強く起きてしまい、禁煙に失敗するなど、自己判断で良を減らす事、12週間を満たない間で服用を止めてしまうのは良くありません。

 

チャンピックスはニコチンが含まれていない禁煙補助剤なのですが、ニコチンを体内に取り入れた時と同じような作用が起きるのが特徴で、ニコチンを体内に取り入れる事で脳内物質のドーパミンが分泌されるのと同様に、チャンピックスもドーパミンを分泌するため、量を減らす事で、ドーパミンの分泌量が減り煙草を吸いたくなる願望が強く起きてしまう事が有ります。

 

 

タバコを吸うと気持ち悪い!?チャンピックスの禁煙効果

 

親や友人が、タバコが原因と思われる心臓病や肺がんなどにかかってしまうと、自分も早くやめないと、同じような病気になるかも知れないと思って怖くなるものです。
しかしいざ禁煙を始めても、イライラやめまいなどのニコチン切れの辛い症状が続くと、それを抑えるためにタバコを吸ってしまうので、なかなかやめることが出来ない人がほとんどです。
そんな方でも、禁煙外来でチャンピックスを処方してもらえば治せるので、お医者さんに相談してみるようにしましょう。
タバコがやめられないのは、吸ったときに美味しいと感じるからですが、これがもし気持ち悪いと思うようになったら、わざわざまずいものをお金を出して吸おうとは思わなくなるでしょう。
これこそがチャンピックスの禁煙効果で、他にもニコチンよりも少量のドーパミンを放出させ、ニコチンが切れたときの耐えがたい症状を、軽くする作用があるので、12週間続ければ、タバコがいらない生活を送れるようになります。
自力で禁煙できなかった人でも、禁煙外来へ行き、医師の指示通りにチャンピックスを続ければ、高い確率でタバコをやめられますから、お医者さんを信じて、最後まで続けるようにしてください。
自分はもちろん、家族の健康のことを考えるなら、早めにチャンピックスを使った治療を始めるようにしましょう。

 

 

 

チャンピックスとお酒の相性

 

禁煙補助薬のチャンピックスを服用しているとお酒がまずくなるという声が多く聞かれます。

 

またチャンピックスを服用中にお酒を飲むと、翌朝の目覚めが悪くなるという人もいます。

 

副作用のひとつに眠気が強くなるという症状があるので、お酒の効果と強調しあってしまうのかもしれません。

 

チャンピックスがアルコール依存症にも効果があるという説もあり、ラットの実験ではそのような効果があったということです。

 

副作用の影響であるとしても個人差があるので、人によっては何も変わらないということもあるでしょう。

 

いすれにしても、お酒が不味くなるなら飲まなければよく、翌日に影響があるようならば、お酒も休んでみればよいでしょう。

 

 

 

チャンピックスが効かない人もいるの?

 

チャンピックスが有効的なのは、成分のバレニクリンがニコチン受容体に結合することで、神経伝達物質を放出することで、禁煙時のイライラを抑え、喫煙しても受容体にニコチンが結合できずに、吸った実感が無くなるからです。チャンピックスによって放出される神経伝達物質は非常に少量で、離脱症状を抑えることができますが、ヘビースモーカーの人では満足できるほどの放出量ではないため、イライラが止まらずに禁煙が成功することは難しいとされます。また、タバコに対しての欲求はなくなっても、習慣は残っているため、いつの間にかタバコを吸っているということも少なくなく、再喫煙することで禁煙が無意味になることもあります。薬であるために個人差も大きく、人によってはチャンピックスの効果が全く効かないこともあるようです。チャンピックスの禁煙は、服用から1週間でタバコの量を減らし、2週間目から禁煙に入るようになっています。通常であれば1週間目の後半からタバコを吸っても不味いといった感覚しかなく、喫煙を諦めて12週間の禁煙が始まります。ですが、効かない人は数週間経ってもタバコを不味いとは感じず、そのまま継続してタバコを吸うこともあるようです。

 

page top